実務修習に役立つExcel小技/上三桁の四捨五入

実務修習で内訳書を作成する時にエクセルを活用するわけですが、その時知っておくとちょっと役立つ小技を紹介してみます。

鑑定評価額の決定で、金額をいわゆる上三ケタで丸めることになりますが、普通に関数を入力すると、

=ROUND(G10,-5)

ですが、物件によっては当然に総額の桁数が異なってくるので、この式だとその都度ケタを入力し直すことになり面倒ですね。

そこで、

=ROUND(G10,3-LEN(INT(G10)))

としておくと、総額にかかわらず上三ケタで丸めることができます。

こういう小技は知っている人には何でもないことですが、知らないと非効率なので、覚えておくと良いですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました