宅建の合格率はどのくらい?国家資格でも難易度は低く狙い目です

不動産取引などの専門家を育てるための宅建は、国家資格の一つとされています。専門用語も多く、不動産関係の法律も覚える必要があります。
国家資格の中では合格率も低いとされている宅建の試験ですが、試験合格のために学習していないと、合格率も下がってしまいます。
宅建の合格率や合格点について紹介していきます。

宅建の合格率は?

宅建築の合格率は、平均が15%です。

不動産事業者の5人に1人は宅建の資格を取っています。弁護士や司法書士と同じように士業化された宅建は、高度な専門知識が求められるようになったことで、合格率が17%から15%ほどに下がってきています。

毎年20万人の方が試験を受けますが、合格者は3万人ほどです。士業化されたことが合格率にも影響して、合格基準も平成20年度に比べると厳しくなってきています。

宅建の合格点について

宅建の合格点は毎年変わります。平成29年度の号が句点は35点と設定されていますが、これは決して悪い点数ではなく、むしろ高得点に分類されています。
宅建の試験は1問が1点です。全問で50問出題される宅建の試験は50点満点となっているので、35点を取ることも簡単ではありません。

不動産関係の仕事に携わっていたり、宅建に使用される専門用語になじみがあると、試験勉強を理解しやすいです。不動産業界に経験がなく、土地や建物に関する勉強は初めてという方は、宅建の試験は簡単ではありません。

試験範囲や試験の特徴は?

宅建の試験は、不動産の取引のために必要な情報を中心にして出題されます。他の不動産系資格の試験と比べると、宅建は出題の範囲も広くなっています。

宅建試験に出てくる範囲について

宅建試験に出る範囲では、法令上の制限や宅建業法、民法等や、その他関連知識といったものが出てきます。これだけを聞くと、それほど範囲が広くないように思えますが、大きく分けるとこの4つになるというだけです。

これを更に分けていくと、土地と建物についての法令上の制限、権利の変動に関する法令。宅地と建物についての税に関する法令、需給に関した法令や実務に関すること等、様々なものがあります。

特に法令上の制限については毎年なにかしらの法改正があるので、大変ですね。

不動産の取引を安全かつ円滑に進める宅建士は、その分深い知識が必要になります。その知識をしっかりと把握できているかを確認するための試験なので、しぜんと試験範囲が広くなるんです。

宅建の試験申し込みについて

宅建試験を申し込む際には、2つの方法があります。

インターネットでの申し込み

宅建試験のインターネット申し込みは、毎年7月1日の9時30分から7月15日の21時59分の間に済ましておく必要があります。宅建試験を実施している機関の「不動産適正取引推進機構」のホームページから申し込みましょう。

インターネット申し込みの特徴は、試験会場を自分で指定することができるという事です。ですが、指定は先着順となっているので、指定した会場に絶対入れるというわけではありません。インターネットはパソコンからのみ申し込みが可能ですが、自宅から簡単に申し込めるので、申込書を入手する必要をはぶくことができます。

郵送での申し込み

試験案内と呼ばれる申込書に記入して申し込む場合は、毎年7月1日から8月1日までに書類を郵送する必要があります。試験案内の配布場所は、「不動産適正取引推進機構」のホームページで掲載されます。

各都道府県の指定された場所で試験案内が配布されるので、住民票に登録されている住所地で試験を受けるようにしましょう。入手した後は、顔写真を張り付けてから郵送するようにしましょう。

宅建の受講料

宅建試験の受講料は7000円です。インターネット申し込みをした場合は、受講料はクレジットカードで支払うか、コンビニで支払う必要があります。事務手数料となる257円も払うことになるので、忘れないようにしましょう。

郵送での申し込みをした場合は、所定されたの振替用紙を使用して、郵便局や銀行で受験手数料を支払います。

合格するための学習方法

宅建の試験に合格するにはまず勉強からです。学習方法には独学や通信講座、予備校への通学などがあります。どの学習方法がいいかは、学習にあてられる時間や予算、自分の性格を判断材料にして決めましょう。

例えば、宅建に関する知識もそれなりに身につけており、学習するのに意欲的に取り組める場合は、独学での学習方法を選びましょう。通信講座や予備校は、自分だけで勉強することが不安な時や、時間や予算に余裕がある場合に利用するのがおすすめです。

まとめ

宅建の合格点は毎年変わってくるので、今年度の合格点が何点なのかは先に確認しておきましょう。宅建は満点を取らなくても、合格点を取ることを目標としていれば合格は難しくないとされています。
学習範囲が広いため、宅建の専門知識を何も知らずに勉強を始めるというのは厳しいです。通信講座や予備校を上手く使って試験に合格しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました