宅建は通信講座で習う方がいい?通学や独学との違いを徹底比較!

宅建の資格を取得するためにも、まずは勉強しなければいけません。ですが、どんな学習方法をしたほうが、資格取得もしやすいのでしょう?
通信講座など、それぞれの学習方法を比較して紹介するので、自分に合った学習方法を利用してみてください。

具体的な通信講座の比較ランキングは以下の記事を読んでください。

それぞれ勉強方法について

通信講座や独学、通学講座など、それぞれで勉強方法は変わってきます。それぞれの勉強方法の特徴について把握しておくと、どれを選べばいいか、何から取りかかればいいか掴みやすいです。

通学講座

通学は、時間とお金に余裕がある人におすすめです。専門の講師が直接教鞭をとってくれるので、会計士や税理士からの生の声を聞きながら学習していけるので、わからないところをすぐに質問できるのも通学のメリットです。

一人での学習だとモチベーションもあがらず、やる気がなくなってしまうと不安な方も通学をおすすめします。周囲に宅建資格を取得しようとする仲間がいるので、自分も触発されて学習への意欲を高めることができます。

授業性なので、決まった時間に教室へ行く必要があります。独学や通信講座は自分の好きな時間に勉強するので、きっちりとしたスケジュールは作れないこともあります。通学はスケジュールを決められる反面、忙しくて時間に余裕がない場合は、習うことが難しくなります。普段の生活と勉強が両立できるかどうか確認してから通学を始めるようにしましょう。

通信講座

通信講座は、申し込むだけで宅建のテキストや、それを解説してくれるCDやDVDが送られてきます。宅建の試験に合格するために必要な情報がテキストにまとめられているので、自分で教材を集める必要がありません。宅建について知識があまりない場合は、すでに資料が用意されている通信講座を利用してみましょう。

スマホやタブレットからでは、Web講座やDVD講座を受けることもできます。それを利用すれば、同じ内容を繰り返し視聴して確認できます。自分の好きな時間に、自分のペースで勉強していきたい場合におすすめの勉強方法です。

ただ、わからない所でつまずいてしまうと、質問することもできないので、そこで宅建の学習を止めてしまう場合もあります。テキストなどの教材だけでわからない部分は、自分で調べなければいけません。

独学

独学は費用もそれほどかけることなく、自分のペースでゆったりと学習していけます。独学の場合は自分でテキストや問題集を購入する必要があります。市販のテキストで宅建の情報が豊富に詰め込まれているものを知っている場合は、それを購入して独学での勉強をしていくほうが集中力も続きます。

一人での勉強がはかどるという方におすすめですが、そうでない場合だと、勉強が非効率になってしまいます。専業主婦や社会人などは、休憩時間やあいた時間を利用して勉強することができるので、独学のほうがやりやすい事もあります。テキストや問題集が少ないと、情報不足となってしまうことがあるので、それなりに数は揃えておいたほうがいいでしょう。

まとめ

宅建の学習方法に悩んでいる時は、まず自分の日常生活と両立できる勉強方法かどうかを考えましょう。自分のペースを崩したくない時は独学や通信講座を、時間に余裕がある時には通学を利用しましょう。
費用をあまりかけたくない時には、独学で学習すると、教材資料にお金をかけることなく試験に取り組めます。自分だけで勉強する事に不安がある場合は、費用が高くなりますが、通学で勉強しましょう。
資格取得のためには専門的な知識が必須となってきます。必要なテキストを購入するか、通信講座で送ってもらって試験勉強に取り組んでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました