通学と独学|宅建に最短で合格したいならどちらを選ぶべき?

宅建の資格取得には、まずは専門知識を学ぶ必要があります。建物や土地に関する法律や、不動産取引の説明するために専門知識を身につけなければ、試験に合格するのは難しいです。
予備校へ通学や独学などの学習方法がありますが、学び方にも向き不向きがあります。それぞれの学習方法について比較していきます。

何かの資格を取りたいなら宅建!

将来のために何かの資格を取っておきたい時や、どんな職業に就くかどうか決めかねている時でも、宅建の資格は取ることをおすすめします。一つの資格を持っているだけでも強みとなりますが、宅建は仕事だけでなく、日常生活にも役立てることができます。

自分のステップアップのために

資格の登竜門とも呼ばれている宅建は、他の上位資格を目指すため、最初に取っておくことをおすすめします。次に取得する資格を目指すために、スキルアップの最初の一歩とできるので、資格を多く取りたい方は宅建資格取得から始めましょう。

日常でも活躍する資格

宅建は法律に関しても学べるほか、建物や土地などの幅広い知識を身につける必要があります。ですが、その幅広い知識が、日常でも役に立てることができます。宅建資格は不動産関係者が持つものだと思うかもしれませんが、そうでない方も宅建資格を持つことは珍しくありません。

たとえば不動産の売買をする際には、仲介役として不動産会社の方が担ってくれます。売買の取引や契約になると、どうしても不動産会社の方に任せきりになってしまいますよね。ですが、売り主や買い主も、宅建資格を持っていると取引に役立てることができます。

宅建の資格を持っていることで、権利についての説明や、金銭のやり取りがどうなっているかを把握しておけます。専門家に任せることも構いませんが、不動産売買について予備知識が何もないと、事の当人であるはずなのに内容を理解できない状況になります。

専門性の高い資格は、通常他の分野では役立たないことがほとんどです。宅建資格は様々な分野で応用が利くため、優れた資格として人気も高いです。

宅建の学習方法を比較

宅建の学習方法に、予備校への通学か独学かを迷っている場合もありますよね。学習方法のメリットやデメリットを把握してから、どの学習方法で勉強するかを決めましょう。

👉オススメの宅建通信講座をランキング形式で解説

予備校に通学するメリットやデメリット

宅建の予備校に通学することのメリットとしては、宅建に合格している方が講師をしているので、本試験をふまえた授業を受けられる事です。宅建の学習は、何も知らないまま始めると必ず早い段階でつまずいてしまいます。

日常では聞き慣れない専門用語も多いため、覚えること自体が難しいです。宅建の科目も苦手としている方が多いので、専門用語を攻略する所から入ると学習時間が無駄に長くなるだけになります。

予備校に通学すれば、計画的な学習スケジュールを受講してすぐに作ることができます。一人だけでは考えることが難しい学習スケジュールも、予備校でのカリキュラムを取り入れて作れるので、学習する範囲を間違わずに始められます。

デメリットとしては、費用が高いことですものにもよりますが、初学者コースでは15万円以上かかることもあります。独学よりも通学は費用が大幅にかかってしまうので、金銭面で不安がある方に通学はおすすめしません。

宅建について学べる予備校が周辺に無い場合もあります。そうなると、遠くの予備校へ通う必要があるので、交通費もかかってしまいます。

独学でのメリットやデメリット

独学は予備校の通学とは違い、自分に合ったペースで行える学習計画を、自分で作ることができます。普段の生活をしながら学習ができるので、両立がしやすくなっています。

独学は市販のテキストや過去問を購入すれば取り組めるので、費用も安く済ませることができます。ですが、独学を宅建の知識ゼロの状態で始めることはおすすめしません。

資格試験を勉強したことがあれば、学習計画もたてやすくなります。しかし知識が無い場合だと、学習していくうちに正しい勉強をしているか不安になり、挫折してしまいます。

独学を始める際は、それなりに宅建の知識を持って、試験に合格する意思を強く持って取りかからなければいけません。

どんな人に向いている?

通学が向いている方としては、時間とお金に余裕があることが重要です。仕事や家事で多忙だという場合は、なかなか予備校に通うことができません。

予備校は最初に学習計画を立ててくれるので、一人で学習するのが不安という方にはおすすめです。自分と同じように宅建資格を取得しようと学んでいる人が近くにいるので、途中で挫折することなく勉強できます。

独学は、予備校に行く時間が取れない人におすすめです。合間の時間を利用して勉強ができるので、自分のペースで進めていきたいという方は独学を利用しましょう。

まとめ

独学は費用をかけず、短期間でもできる学習ですが、予備校への通学は信頼できる講師から授業を受ける事ができます。
自分が持っている知識量も考えながら、どちらの方法を選ぶか決めましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました