TACを活用して宅建に合格する!講義内容やスケジュールについて

専門知識や土地関係の法律も覚えておかなければいけない宅建は、何も知らないところから一人で始めるのは難しいです。通信講座として人気の高いTACは、宅建の知識が無くても不安無く勉強を始めることができます。
宅建の資格は、就職活動や不動産購入の際に持っていて不利となることはありません。宅建試験に安心してのぞむための対策を取れるTACについて、紹介していきます。

宅建資格を持つことのメリット

宅建資格は、建物や土地を安全に取り引きするために必要になる資格です。不動産関係でしか活躍しない資格に思えますが、宅建の試験は不動産取引の制限や法令上の制限だけでなく、民法についても学びます。他にも不動産に関連している税金など、資格取得のために幅広い知識を身につける必要があります。

不動産関係で宅建資格持つことで、資格取得者だけができる独占業務ができるようになります。不動産の取引では、必ず高額な金銭や多くの権利が動いてきます。その分トラブルも増えるため、それを防ぐために宅建士は取引相手に詳しく説明をしなければいけません。

物件に関した重要事項の説明以外にも、取引に必要な重要な書類の用意をする役割を、資格取得者は担えるようになります。

宅建試験に合格するためのカリキュラム

宅建資格を取得するためには、宅建の試験に合格した後、宅地建物取引士登録を行ってから、宅地建物取引士証の交付申請をする手続きをしなければいけません。
ですが、試験を受ける前に、しっかり学習して知識をつけていく必要があります。

TACのカリキュラムについて

TACは初学者や学習経験者など様々な条件を持つ方に合わせたコースを用意しています。短期間で合格ができるように戦略的なカリキュラムを作られており、無駄なことをはぶいた学習方法が特徴です。

TACは宅建試験で満点を取るのではなく、合格点を取れるだけの実力をつけていくことを目的としています。合格点を取れば資格は取得できるので、やみくもに学習して勉強の仕方を間違えないようにしてくれます。

宅建試験で満点を狙うとなると、細かな知識を身につける必要がでて来て、短期間で試験を受けることはできません。宅建についての知識がゼロの場合、膨大な情報量を詰め込んでいくことになるので、その分時間と費用もかかってしまいます。

的を絞った学習方法

効率的に合格したい場合は、7割の得点を取ることに集中しましょう。TACは、この7割を取るための的を絞った学習方法をとっています。宅建の試験は、毎年どんな問題が出題されるかはほとんど決まっており、予想もしやすくなっています。

TACでは、宅建試験で出題される確率の低い論点などは集中して行うことはありません。試験の出題傾向にある内容を主にして、講義やテキスト学習をしてくれます。これを独学でやろうとすると、宅建の知識が無ければどこから取り組めば迷い、学習自体始められなくなります。

TACの通信講座を利用することで、どこから勉強を始めればいいかを明確にして、合格するために必要な科目や論点を絞ることができます。一人で勉強する学習と違い、知っておくべき項目を事前に教えてくれる他、その項目を重点的に学んでいけます。

2つのトレーニング方法で本試験に強くなる

TACはインプット講義とアウトプットトレーニングという2つの学習方法を用いて、実力をつけていくようにしています。

TACは民法等から学習し始める

どの分野から始めればいいか悩む宅建ですが、TACでは「民法等」の学習からはじめています。これがインプット講義で、TACのこだわりとしても知られています。法律を学び出した方も民法等から取り組むことで、法律の基本的な内容を覚えることができます。

数学でいうところの公式と同じで、民法等は宅建の学習をするにあたって基礎の部分となります。民法等を最初に覚えておく事で、宅建業法や法令上の制限といった他の科目にも繋げていけます。

アウトプットトレーニング

アウトプットでは、先ほど紹介したインプット講義を活用するトレーニングを行います。身につけた知識を活用できているか確認するための問題を解き、実力をつけると同時に、理解できなかった部分を把握することを目的とされています。

理解や暗記が足りないことを知る事で、復習すればいい箇所を知ることができます。インプット講義で学んだことを、アウトプットトレーニングで実際に演習します。そうすることで本試験を受ける構えができるので、本番にも強くなります。

まとめ

宅建の知識がゼロの状態では、独学で学習して宅建試験を受ける事は厳しいです。TACのような通信講座を利用することで、短期間で宅建試験に必要な知識を学ぶことができます。
過去問やミニテストを解いていきながら実力をつけることで、余裕を持って本試験に挑めるようになります。TACを活用して宅建試験に合格しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました