宅建に最短の勉強時間で合格するなら独学!失敗しない秘訣とは?

幅広い知識を持っていないと合格が難しい宅建ですが、その勉強時間はどれくらい取ればいいのでしょうか。
予備校や通信講座などのサイトにも勉強時間は記載されていますが、最短の勉強時間がどれくらいなのか気になりますよね。勉強もできれば短期間で済ませたいものです。
宅建試験は、勉強時間が短くても合格できるかどうか、説明していきます。

 

学習方法によって最短勉強時間は変わる

宅建の学習方法は、独学や通信講座、予備校への通学などがあります。通信講座が通学の場合では、平均勉強時間は400時間~300時間となっています。ですが、独学の場合では100時間です。

独学のほうが、通信講座や通学よりも200時間以上の差が出てしまうのは、最初に決められる学習計画が理由となっています。

通信講座や通学では、それぞれの会社が学習計画をたててくれるため、自分で計画を立てる手間をはぶくことができます。ですがその分、生活と両立させて学習することが難しくなります。

特に予備校に通学する場合は、費用も高くなってくるので、金銭面についても考えなければいけません。通信講座は通学より費用はかかりませんが、安くても6万8000円ほどかかるので、値段と資料内容を把握しておくようにしましょう。

宅建の通信講座を徹底比較

独学では市販で販売されているテキストや過去問を購入するだけなので、費用は2万円でおさえられます。

独学なら勉強時間を最短にできる

独学で100時間だけ勉強して、本当に合格できるのか不安な方もいますが、勉強時間は宅建ではあまり重要ではありません。学習している間、どれだけ集中できているかが大切です。

集中して学習するのは当然だと思われるかもしれませんが、人は集中力を1時間も持続させることができません。集中力が続くうちに宅建に必要な知識を習得していくことで、内容をしっかりと覚えておくことができます。

通勤途中や休憩時間など、合間の時間を利用して30分ほどの学習時間をとるだけでも、効率よく学んでいくことができます。独学は社会人や専業主婦、学生でも、誰でもできて簡単に始めることができます。最短で宅建の学習をしていきたい場合は、独学で知識を身に付けていくようにしましょう。

独学に必要なもの

宅建の情報を記載しているテキストは必ず必要です。これが無いと勉強自体ができません。自分の実力をつけるために、過去問も購入しておきましょう。宅建試験に出題される問題範囲は毎年それほど変わりません。過去問を解いておくことで、本試験に出される問題を予想することもでき、本試験の予習としても利用できます。

市販で販売されているテキストは、カラフルでイラスト付きの説明をした物が増えています。カラフルなテキストは内容が頭に入りやすく、視覚的にも情報を受け取りやすくなります。モノクロで文章ばかりのテキストを選ぶのは避けるようにしましょう。

受験に失敗しないようにするには

試験対策のために独学で勉強する場合、宅建試験を受験するまでに失敗してしまうこともあります。正しい学習方法から脱線すると、受験に失敗してしまうので気をつけましょう。

学習しないのを正当化しない

独学の方法で勉強すると、途中で挫折してしっまうことがあります。独学は自分で学習計画を立てるので、最初にしっかりとしてプランがなければ、スケジュール管理もずさんになっていってしまいます。

社会人だと特に、残業や休日出勤の他にも飲み会などの予定が急に入ってくることがあります。その分、学習計画も少しずつですが変更されていくので、それに合わせて計画を立て直すのが面倒になってしまいます。

そのため、仕事や飲み会を正当化して、学習計画に取り組まずに終わってしまいます。仕事があるから仕方ないと考えて勉強をしないと、それが癖のように身についてしまい、勉強を怠ってしまいます。これによって、大幅に学習が遅れていくことになります。

勉強のモチベーションを下げないように

独学で一番大変なのは、モチベーションを保つことです。学習意欲が続かなくなったことで、宅建資格を取得することを諦めたり、挫折してしまう方は多いです。

また、宅建は幅広い知識が必要になる資格のため、学ぶことも大量にあります。そのため、知識ゼロの時点で宅建を始めた方はとくに挫折してしまいます。独学は、宅建の知識をある程度持っている方におすすめです。

勉強の集中力が切れたときも、娯楽などの誘惑に負けて、試験勉強から遊びへと脱線してしまうことがあります。スマホなどで簡単に遊べるようになっているので、誘惑に弱い場合は、学習中はスマホを遠ざけておくようにしましょう。

まとめ

独学は勉強時間を最短にして宅建試験の対策を取ることができます。一人で学習計画を立てて、モチベーションを保っておかなければいけません。それを続けていく意思がないと継続させるのは難しいので、一人での学習が苦手だという方には独学はおすすめできません。
勉強時間ができる限り短縮させたい場合は独学を、自分に独学がむいてないと思う時には、通信講座や予備校を利用しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました